SFAの基礎を学び自社のビジネスに活用

規模が小さい企業から大企業まで、営業支援システムと呼ばれるSFAの導入が進んでいます。SFAを導入すると、営業のプロセスや商談内容を管理しやすくなります。ビジネスの世界では売上目標を設定しますが、営業活動を支援するシステムは組織の目標達成に貢献できます。SFAには、顧客管理機能など活動を支える様々な機能が搭載されています。

顧客情報は宝の山で、顧客に関する詳しい情報を集約して営業活動に活かします。集めたデータは分析して残せるので、担当者が退職しても円滑に引き継げます。商談から受注までのプロセスを一目で把握できるので、マネージャーは状況に合わせて的確な指示を出せます。SFAを導入すると顧客別に売上を確認でき、予算と実績を比べながら管理できます。

クラウド型のSFAツールなら、スマートフォンやタブレットで操作できるので場所を問わず使えます。上手に活用すれば受注率が上がり営業コストを削減でき、優良顧客も増やせます。過去の商談履歴が蓄積されているので、注文がない顧客にも適切なタイミングで最新の情報を伝えられます。煩雑な事務処理は担当者の負担を増やしますが、営業支援システムを使うと、業務の効率化を図れます。

クラウド型のシステムなら外出先で空いた時間に営業日報を提出できるため、時間の無駄を防ぎ営業コストを減らせます。アメリカで生まれた営業支援システムは、日本でも脚光を浴びています。最近は低価格のシステムが増えているので、規模が小さい企業でも導入しやすいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です